品質へのとりくみ

  1. 合成ダイヤモンドやCBN(立方晶窒化ホウ素)輸入・販売のグローバルダイヤモンド
  2. 品質へのとりくみ

グローバルダイヤモンドは単なる商社ではありません。

お客様にとって「最適な品質の砥粒」を安定供給するために、自社での最新検査機器導入を積極的に進めております。得られたデータは受入れ品質確認のみならず、定期的にトレンドとしてメーカーにフィードバックされ、より高い品質目標のために製造現場で活かされます。

出荷品質- 検査機器の充実と自社検査保証による納入
shipping quality

以下の検査機器を本社に揃え、自社による受入・出荷検査を確立しております。標準検査に限らず、お客様のアプリケーションによっては、検査頻度を上げ、検査条件(装置、測定条件、頻度、合否基準)を取り決めることも可能です。こういった検査のカスタマイズにより、お客様側での受入れ検査の負担を減らし、ワンストップで安心してお使いいただける商品が供給できます。

外観検査   工業用実体顕微鏡(Olympus BXiS)、走査型電子顕微鏡(日本電子 JCM-7000)、画像解析粒子測定装置(Malvern Morphologi G3)
粒度検査  

電磁式ふるい分け振とう器(Octagon Digital)、 電成ふるい、レーザー回折式粒度測定器(Malvern Mastersizer3000)

 

粗粒検査   画像解析式粒子測定装置(Malvern Morphologi G3)
元素分析   EDS(エネルギー分散型X線分光器)搭載電子顕微鏡(日本電子 JCM-7000)
その他   嵩比重測定器、インパクトテスター(CYCJ-04A)
レーザー回折式粒度測定器  
レーザー回折式粒度測定器   卓上走査型電子顕微鏡
レーザー回折式粒度測定器  
画像解析式粒子測定装置   インパクトテスター

製造品質- 定期的な製造現場査察
manufacturing quality

取引のある製造工場には、最低でも年に1度は現場に訪問し、品質管理の状況を査察しています。
また、特別なお客様向けのカスタム工程がある場合は、その作業が確実におこなわれているか、記録と現場のAuditを実施しています。

メーカーISO14001   メーカーISO9001  
メーカーISO14001   メーカーISO9001

品質問題発生時の迅速な対応
prompt response

弊社の受入れ検査で仕様を満足できない製品は、メーカーに送り返され、製造メーカー取得のISOの不適合処置に則り、原因と是正処置を要求し、その書面が十分でない場合は、早急に現場に赴き解決を図っています。
また万が一、お客様納入後にクレームが発生した場合は、社内保管している出荷サンプルで御指摘いただいた内容を即時に確認させていただき、まずは弊社の豊富な在庫から代替納入を迅速におこない、お客様の製造工程への影響を最小限にすることを第一に取り組んだ上で原因究明を進めてまいります。

新しい品質評価方法の取組み
advanced quality evaluation method

弊社は従来の砥粒検査・評価法にとらわれることなく、新しい検査装置の導入や評価方法を積極的に取り入れ、ユーザー様を含め業界に貢献したいと考えております。そのため、学術講演会の参加や装置メーカーとの定期的な情報交換をはかっております。
また導入した装置を使った独自の受入れ社内基準を設けメーカーと情報を共有することで、製造側にも検査の重要性はもとより、新しい機器の導入を促しております。


例えば、従来は検査員の写真判定であった形状確認を、画像解析を用いた客観的な数値判定に切替え、品質の安定化に努めております。

新しい品質評価方法の取組み

(評価例:画像解析を用いて何十万の粒子形状を測定することで、形状特性の数値化が可能 )

技術情報

ソリューション

グローバルダイヤモンド

製品カタログダウンロード 

ecatalogue.jpg

  • グローバルダイヤモンドへのお問い合わせはこちらから
  • お電話でのお問い合わせはこちら
  • WEBサイトの方はこちら
  • tel03-6256-8833
  • 受付時間: 9:00 ~ 17:30 (土日・祝日は除く)
  • contactl